Unexpected Run

Your awesome Tagline

0 notes

モバイルコマースに関連する統計 現在、市場全体の約25%がオンラインオークションであり、eBay経由での購入も含め、2012年から64%成長する見込みである
スマホからモバイルECサイトへのPVが37%アップしており、それに伴いコンバージョン率も上昇し、さらにロードタイムも軽減している
タブレットに比べて、スマホの方が2013年上半期において2倍以上使われており、モバイルコマースにおいて10%中、6%がスマホである
しかしながら、消費者が端末に使う額の大きさを比較すると、タブレットが平均して1回のオーダーに対して$118.09であるのに対し、スマホが$104.72なのだ。消費者の傾向として、77%もの人々がオンラインでの購入を、大きめの端末、例えばデスクトップやタブレットなどでする方が好ましいようだ
これからはモバイル向けEコマースサイトにおける更なるUXの改善が課題とされる
アメリカで急伸するモバイルコマースの実態 | freshtrax | btrax スタッフブログ

0 notes

やっぱり志が高くて。それを通すために障壁が銀行であったり法律であったり人様の何かであっても手を上げ、それでも自分のこと抑えられないくらいの衝動を持っているんだったら、突き進めよと思うよね。俺、本当思う。明治維新とか好きなんだけど、あんなの法律もクソもない、人まで殺してるんだから。革命とはそういうことだよ。マンデラなんて30年くらい牢獄にいたでしょ。でも本当に正しいことやるためには捕まってもやってるんだよあの人たちは。
40億の赤字を1年で黒字化! ヤフー・小澤隆生氏が語る、楽天イーグルスを救った”逆転の発想力”とは? | ログミー[o_O]

0 notes

勝敗に関わらず収益が出せる企業なんてこれは最高ですよ。近鉄が僕らの球団の前にやってたときの売上が20億、僕がやって70億円ですよ。利益が、近鉄はマイナス40億、僕がやったらプラスの2億ですよ。42億円改善できるんですよ、一年で。これは発想の転換でいくらでも変えられる。僕はそういうのをその時から知ってるんだ。そういったことをやってるのがずっと積み重なってて。今のYahoo!ショッピングの話になってる。
40億の赤字を1年で黒字化! ヤフー・小澤隆生氏が語る、楽天イーグルスを救った”逆転の発想力”とは? | ログミー[o_O]

0 notes

夜の7時から9時、ナイターを見ている時間帯にどこでお客さんがお金を使ってるかを調べて、居酒屋とカラオケ屋をライバルにしようと決めるわけです。プロ野球チームを好きにさせようではなくて。今まで居酒屋に行ってたお客さんが、あの球場に行っても面白いなと思っていただけるようにしようと。そういう風にするわけです。 居酒屋とスタジアムの一番の差はなんだか分かりますか? 四人で行った時に、居酒屋は対面で座ります。球場は横に座るんです。その結果、端と端に座った人が会話ができない。居酒屋は対面で座るから会話ができる。居酒屋はプロ野球の試合やってないのに3時間持つ。球場はプロ野球に興味のない人からすると3時間座ってられないんですよ。ここで、重要なのはコミュニケーションだってことに気づくわけです。 であれば居酒屋がライバルだったら、うちのスタジアムには、対面で座れるシート作っちゃえと。”たまたま野球をやってる居酒屋”にしようと。これが発想の転換です。その結果初年度、そのシートを数十席作りましたと。チケット販売開始3分から5分で必ず売り切れる。2年目はそれを数百席増席して、3年目はその席を数千席増席して。常に売り切れる。
40億の赤字を1年で黒字化! ヤフー・小澤隆生氏が語る、楽天イーグルスを救った”逆転の発想力”とは? | ログミー[o_O]

0 notes

それは何故かというと、僕らのチームというのは前の年、近鉄とオリックスって5位と6位だった。このチームを合併させて弱いほうをいただいたんですよ。それは弱いに決まってるだろうと。プロ野球チームを作るときに「これは負けるぜ」と。だから勝つのを楽しみにして来ているお客さんをアテにしたら絶対ダメだと。ここがゲームチェンジなんですよ。 ほとんどの球団にヒアリングしたら「優勝したら来る」「勝ってればお客さんは喜ぶ」と。でも僕らは負けが決まってるわけですよ。じゃあどうするんだと。じゃあお客さんを変えようと。インターネットショッピングにおけるモノを売りたいという方が、事業者の中で10万社だとすると、そうでなくて個人に切り替えたように、「違う」と。
40億の赤字を1年で黒字化! ヤフー・小澤隆生氏が語る、楽天イーグルスを救った”逆転の発想力”とは? | ログミー[o_O]

0 notes

楽天イーグルスのライバルは「居酒屋とカラオケ」 これをプロ野球の話で言うと、マーケットを変えるというのはサービスを作るときとかルールチェンジのときにすごく重要で。ここにいる川田さんがDeNAを経営されていて、僕は楽天イーグルス。直接はやってないかもしれないんですけれど。僕が楽天イーグルスやるときに、東北でプロ野球チーム作るときの一番の問題点で、メリットでありデメリットだったのは「プロ野球チームを見たことが無い」ということ。日常的にプロ野球チームが存在しない。 巨人、ヤクルトがある東京にもう1チームできるとなると慣れ親しんでるけど、仙台にはなかった。そのときにどう考えるかというと、最初は物珍しくて来るかもしれないけど、飽きるんだね。皆さんだって大阪や東京に住んでるかもしれないけど、日常的に球場行く人ってそんなにいないじゃないですか。 それだと、仙台というのは100万人住んでて。キャパシティが2万人の球場作ったら60%シェアで120万人を年間で入れないといけないと。つまり全員が1.2回くる。これはありえないわけですよね。ということは特定の10万人から12万人を年間で10回から20回来させなきゃならない。これはエライことですよ。プロ野球ファンだったら来ますよ。でもそんなプロ野球ファンができるかどうかっていうのはね。楽天イーグルスって初年度38勝97敗ですよ。クソ弱かったら来ないわけ。最初っから弱いとわかってるの。
40億の赤字を1年で黒字化! ヤフー・小澤隆生氏が語る、楽天イーグルスを救った”逆転の発想力”とは? | ログミー[o_O]

0 notes

国光:って感じでね。昔から「世界一、世界一」とは言ってたんですけれど、実際のところほぼ見えてきたかなと。ゲームの世界一くらいは見えてきたんで、いかに今日は皆様に世界一をとるというのがチョロイかっていうところについて言っていきたいなと思います。
gumi国光氏「逆境キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! って、むしろ喜んじゃう(笑)」 起業家たちが語る、挑戦する人生 | ログミー[o_O]